中村社長のコラムー 「保護者」から「親」へ … 子育ての評価とは?PART5 ~ 不登校は成長のやり直し…その③ ー

我が子の不登校に・・・ 付き合ってきた過程においての様々な気づきと学びを申し上げてきましたが、今号では登校するようになった後に迎えた環境の大きな変化に対する行動と心の成長を、次男の例をもとにお伝えしたいと思います。   小学校とは全く違う厳しい環境 次男は 小学校4年の三学期から不登校。そして、友達関係の深まりからか、6年の二学期から毎日登校するようになりましたが、私としては... 続きを読む

お母さんといっしょ 6ヵ月~ がぁがぁくらぶ

親子ふれあい教室の何が良いの?会員のママに聞きました。   問1 教室の魅力を教えてください。 親子がふれあいながら遊べるところです。よく寝て、よく食べる! ◎保育園の先生に『食の悩み、睡眠の悩みを抱えるママ達が多いけれど遊びを充実させたら、おのずと食べるし寝るよ』と聞いたことがあって深く納得しました。 親子ふれあい教室は、まさにそういう遊びを味わえる場。うちの子は... 続きを読む

ママ見ていてね! 2才~ なっぴ~くらぶ

自我の芽が伸びているこの時期にソレダメ!見守るって意外と大変 自我が芽生え、イヤイヤ時期は親子ともども思うようにいかない時期ですよね。 この時期のお母さんにちょっと考えてほしいことをあげてみました。   《ケース1》『子どもにあやまらせる』 子ども同士のけんかで、自分の子が悪い立場になった時、我が子に対して『ごめんなさいしなさい!』ってやっていませんか? 何回言っ... 続きを読む

こどもの世界 3才~ スイミ~くらぶ

物語遊び教室成長は子どもの中から湧きでてくるもの 教室の様子をNAPのホームページで紹介しています。その中でも、スタッフもビックリな成長ぶり! 《しーちゃんの成長とスイミ~だからこそ良かった》ということを紹介していきたいと思います。   ブログ『教室日誌』より 11月 子どもたちがおばけ役です。やんちゃしてもいいよという思いも込めて、コーチたちが仕掛けます。それに... 続きを読む

ジュニア幼児 楽しく泳ぎを覚える教室

幼児さんが楽しく泳ぎを覚えていくにはどうしたら良いだろう   戸惑わないように NAPに来て、まずはプールサイドで『今日プールでやること』を予告してシャワーへ行きます。この時に前回の教室終わりでする次週の予告を覚えている子どもや、保護者の方にプールでの活動を聞いている子どもは、 『今日は何をするかわかるかな?』と聞くと今日の活動を他の子ども達に聞こえる声で教えてくれます。 ... 続きを読む

経験だけは裏切らない

ナップに通ったスター★ ナップはスイミングスクールですから、ここから競泳スター選手が生まれたら嬉しいです。たとえ水中競技者ではなくとも、卓球の石川佳純選手の様に、サッカーの田中陽子さんの様にナップ卒業生の活躍も嬉しいです。高校総体400m個人メドレー優勝経験者、森永コーチ(現在ナップのジュニアや強化選手のコーチです。)もいます。NAPは三十年近く多くの子ども達の成長を近くで支えてきました。 ... 続きを読む

「好き」を「得意」に

前号まで、ディズニーキッズダンスオーディションや平川まつりなど地域のイベント参加での子ども達の様子や成長をお伝えしてきましたが、今号では、何故、スイミングクラブでキッズダンスを始めたのか、その理由や当時の状況と写真で現在の教室の様子をお伝えしたいと思います。   きっかけ NAPのキッズダンス教室は平成21年4月にスタートしました。モニター教室から始まって9年。第一期生の女の子... 続きを読む

見たぞ!日本新記録の瞬間! 2018きららカップ報告

オリンピック・世界選手権と大変盛り上がっている日本の競泳界。その中心となった代表選手が山口に集結しました。そして、なんとこの山口の地で日本新記録が樹立されたのです!   2月10日・11日、阿知須きらら博記念公園プールにおいて「きららカップ2018」が開催されました。   きららカップは地方の水泳連盟が主催する大会では数少ない(公財)日本水泳連盟公認大会... 続きを読む

できる事が自信になり 泳ぐ事が楽しくなる

学校の水泳授業について行くため短期教室に これは、仲良し女の子二人の成長のドキュメントです。 今回紹介する仲良しコンビは寺山雫(しずく)さん(平川小2年)と井上 綾音(あやね)さん(平川小2年)二人は同じ小学校に通う仲よしさんですが、小学校に入るまでは泳ぐ事は苦手でした。 しかし学校では水泳授業があり、二人にはとても憂鬱な時間でした。それを見かねたお母さん方が少しでも苦手意識を克服さ... 続きを読む