あこがれのおねえさん

今回で日本公演ファイナルを迎えるディズニーライブキッズダンスオーディション。キッズビクスクラスは小学1年生4人に年中さん2人を新メンバーに迎え6人での挑戦です。

 

オーディションが終わり、出てきた子ども達に

「どうだった?」

「楽しかったぁ。」と最初にひよちゃん。

「それは良かったぁ。」と大人達。

オーディション結果は・・

残念ながら不合格。一年生のえみりちゃんが私が一人でいるときに言いました。

「先生くやしい?」

「えみりちゃんは?」

「くやしいよ。」

「先生もくやしいよ。だってみんな頑張っていたし、合格してみんなの喜ぶ顔見たかったから。」

「ふーん。」

「またあればしてみたい?」

「うん!」

胸が熱くなりました。今までは、恥ずかしそうな一面もあったけど、満面の笑顔でダンスをしていたひなちゃんとえみりちゃん。

私の教え方そっくりに他の子たちに教えてくれるなみちゃんとゆきちゃんは小さい先生です。一年生の4人には特に、合格したい!と教室が終わってからも練習をしていたからこそ、様々な想いがあるのでは、と思います。

なみちゃんは、「次があるもーん。」とすぐに気持ちを切り替えている様子。

私も「次はちょうちんまつり、今度は9人でまた頑張ろうね。」

と次に向けての言葉をかけました。

素敵なおねえさんで賞

今回、4人の小学生のおかげで、年中さん2人も頑張ってついてきてくれました。ダンスでも、他の場面でも年下の二人をひっぱってくれた4人の小学生に賞をあげたいと思います。

また、オーディション前のキッズダンスとの練習で、ダンスのお姉さん達を見る子ども達の目は私もあんな風に踊りたい!という憧れと、私たちも頑張らなきゃ、という意気込みでキラキラ輝いていました。

身近に憧れのお姉さんがいるから小さい子達は頑張ろうと思える。みんなを見ていると嬉しくなりました。

これからが楽しみ!

8月6日(日)ちょうちんまつりのステージで、ちひろちゃん、かえでちゃん、りこちゃんも一緒に9人で踊ります。

キッズビクス担当 安田 佳奈美

一覧に戻る