5月元気ッズイベント 角島散策

晴天に恵まれた5月29日(日)、風光明媚な名所「角島」に行きました。角島に初めていく子どもがほとんどで、角島を歩くだけでなく、海に入って遊ぶこともできました。

 

バスに揺られること1時間半、角島大橋を渡るときには、みんなから「きれい~」という歓声やため息が聞こえます。角島中央部にある売店「しおかぜの里角島」にバスを停め、歩いて灯台を目指しました。

 

歩く途中にも、豊かな角島の自然を感じつつ、芝生公園に到着。100段以上の階段を上り、灯台の頂上を目指しました。最後の最後ではしごがあり、それを越えると展望台です。眺めは最高なのですが、子ども達は「高い~!もう降りる!!」と、ほんの数分いただけで降りていってしまいました^^

 

芝生で昼食を食べていると、空からプロベラ音が。見上げると、ハンググライダーが灯台の周りを旋回していました。「当たるんじゃない!」「また来たよ!」と、子ども達は興味津々。このハンググライダー、この後も何回も近くを通り、手を振ったりしてくれました。

 

さて、いよいよお楽しみの海岸散策です。礒歩きルートと、歩道ルートの2チームに分かれ、礒歩きルートはカニや小魚、イソギンチャクなどを探りながら、歩道ルートは来た道を戻って美しい大浜海水浴場の海岸に到着。

 

水温も気温も高く、遠浅になっていたので、子ども達は水着に着替え、海に行きます。元気ッズの子ども達らしく、ためらうことなく海にダイブします。コバルトブルーのビーチは透明度がとても高く、魚もたくさん観察できました。漂着した枝などを使って手作りの釣り竿を作る子も!

 

泳いだり、ビーチフラッグの勝負をしたり、岩に上ってジャンプしたり、砂をひたすら掘ったり、砂や海水を密閉式のビンに詰めておみやげにしたりと、たっぷり遊んで帰途につきました。

一覧に戻る