手づかみでご飯を食べます

手づかみの時期は思っているより長いものです。

根気よくスプーンやお箸を提案していれば、そのうちお父さんやお母さんの真似をしてスプーンやお箸を使えるようになります。

 

手づかみを叱らないことです。

叱ると食事自体が楽しくなくなります。

『食事は楽しく』ということに重点をおいた方が精神的にもよいでしょう。

 

フォークや箸の持ち方は覚えた方が良いでしょうが、遊び感覚で『持てるかな』『口に運べるかな』くらいから始めて楽しく働きかけてみてください。

少しでもできたら一緒に喜びます。

お母さんの笑顔が大好きで、またやってみたくなります。

 

民族によっては手づかみの食事もあり、フォークや箸も民族的習慣に過ぎないのですから、焦らずに働きかけてみましょう。

ただ保育園や幼稚園の先生とも共通理解しておいた方が良いです。

保育園や幼稚園でも叱られると食事が楽しくなくなります。

一覧に戻る