親子ふれあい教室~がぁがぁくらぶ~

ゆいちゃん2才 プール体験記 母より 「今日、プールいくの?」 毎週木曜日の朝、お弁当を作る私の姿を見て娘がニコニコ聞いてきます。 変化がない気がする がぁがぁくらぶに入会したのは、娘が1歳5ヶ月の頃。 人見知りの激しい娘は、知らない先生やお友達、大きなプールに緊張してカチカチでした。 5ヶ月くらい経ち、少しずつ慣れてはきましたが、泣くことも多く、プールに入ると「だっこ~~」。 毎回浅いと... 続きを読む

ママのお助け隊長だより

子どもは先生のことを知っている 子ども達は先生の印象を口にするとがあるように思います。 「先生は優しいよ」 「先生がこわい」 「先生は面白くて好き」 中高生になった我が子たちも何気なく口にしています。 「先生のおかげで自分がしっかりしなきゃって思える」 「去年の担任は本当に良い先生だった」 「上から目線の感じがする」 『子供はぜーんぶわかってる』 (著書:吉本隆明)という本を読んだ時、子ども達の... 続きを読む

フロント’s eye

フロントはミタ この度の70号から、会員の皆さまとの窓口であるフロント業務を通してミタ、感じた、感動したエピソード等を紹介していきたいと思います。 まずトップバッターの私は、まだ一年と少しの新米ですが、日々が感動で、いつも皆さまに元気をいただいております。   水が怖い歩夢くんが? 5月に入会された中澤歩夢くんは、小学一年生。友人のお子さんなので、生まれる前からお腹に声をかけたり、生ま... 続きを読む

★ きし先生のつぶやき

かなり前になりますが、ある過疎地の小学校に水泳指導に行ったことがあります。全校生徒が当時12人だったと思います。そこの児童達の印象は、とてものびのびしているな、という印象でした。 水泳が終わった後、その小学校の給食を一緒にいただく機会がありました。そこの給食は、100%手作り、といった感じで、これが本来の給食なのかな、と感心した記憶があります。 「給食で死ぬ?」 「給食で死ぬ?」というちょっと衝... 続きを読む

がんばれ!という言葉~きし先生のつぶやき~

言葉かけの大切さ、それが自分がナップで学んだ大切なことかと思います。 例えば「がんばれ」という言葉。 ある記事からの引用です。 〝日本人は「がんばる」という言葉が大好きだ。 だから、相手の気持ちを想像する前に、口癖のように「がんばれ」と言ってきた。 また、自分も言われてきた。 だから、悪い言葉じゃないと思ってきた。 でも、心の中で葛藤(かっとう)している人にとっては、その「がんばれ」がムチに... 続きを読む

NAPは私の成長そのもの! ~ 岡村拓弥コーチの成長記録~

NAPは出会いの場だった 初めてNAPに来たのは小学4年生、今から12年も前の事です。肥満体型のうえに喘息だった私を見かねた親が、募集中だった1ヶ月の体験教室に申し込んだのでした。 当時、引っ越したばかりで友達もなく、ゲームばかりしている子どもだったのですが、最終日にそれまであまり話すこともなかったクラスの子が話しかけてくれたことを機に、多くの友人に恵まれることになりました。社長室で遊ぶことも知... 続きを読む

ママのお助け隊長だより~子ども初級チーフ  藏本 信江~

長い間ありがとうございます 今回、幼児の記事では、入会してから長い間通っている子どもの保護者の方に、我が子の幼い時のNAPでの思い出を書いていただきました。読みながら懐かしく、成長の喜びを味わえることに感謝です。 長い間通っていただいて本当に感謝です。 長女NAPデビュー 私もNAPに子どもを通わせた親の一人です。長女はなっぴ~くらぶ(親離れ子離れ教室)に行きました。長男がまだ赤ちゃんで、たくさ... 続きを読む

良いも・悪いも『真似び』の成長…子育て中間報告~中村社長のコラム~

俺、臨床心理士になりたい! 1年以上前の事ですが、この春高校を卒業した三男に、進路について尋ねたところこのような答えが返ってきました。「心理」「福祉(介護)」などと名のつく職業は現代特有なものであり、早い話が「今、流行(はやり)」の職業なので、そのノリで言ったのかと思い理由を聞いてみると… 「友達と話しているとよく悩み相談になる。その悩みをしっかりと聞いてやると友達がどんどん変わっていくのに興味... 続きを読む

たくみくんのママより~物語遊び教室~

食欲がない いつも元気一杯、何でも全力で楽しみ、ニコニコ笑顔の息子。 そんな息子が5才の冬、全く食事を摂らなくなりました。少し食べると「もう、欲しくない」いつもお代わりをしていた給食も残したと幼稚園の先生から連絡があり、急いで小児科を受診したものの、異常なしでした。 数日後、幼稚園で発表会がありました。「発表会、楽しみ♪」と毎日言っていた息子ですが、発表会が終わった途端今まで通り食事を摂るようにな... 続きを読む

3人娘のママより~親離れ子離れ教室~

NAPには、長女がお腹にいた時のマタニティスイミングからお世話になっています。その後、長女れんな(5才・年中)は幼稚園入園直前から、次女さきな(3才・年々少)は今年8月からなっぴ~くらぶに楽しく通っています。 1才の三女ゆいなもいますが、子ども自身の自我が出てきて、イヤイヤ期を過ごしながら、現在に至る長女と次女と関わる毎日で、「一人一人違う個性を持った違う人間」だと痛感させられます。 となると、... 続きを読む