お正月はない方が良い?!

本日、金曜日(2019年1月11日)お昼の水中ウォーキング教室。   本来なら昨年の12月21日の次は1月4日でしたが、 12月中旬に暖房器具の一部不具合で年末年始にプール工事が入り、 年明けの金曜日の教室は、本日が初めてになりました。   本日、会員さん方から、こんな声が・・・。   K・Kさん(71歳女性)は、 ... 続きを読む

冬だからこそ!!水中ウォーキングが最適☆

夏ならまだしも、寒い時にプールに入るなんてごめんだわ! と思われるかもしれませんが、年間を通して水中ウォーキング教室に通われた方で、 冷え性を克服された人がいらっしゃるのです! では、何故水中ウォーキングが効果的なのでしょうか? その理由は、こちらをクリックして確かめてくださいね♪ ↓↓↓ 冷え性に水中ウォーキングが効果的?!   水中ウォ... 続きを読む

中村社長のコラム―「保護者」から「親」へ … 子育ての評価とは?  PART5 ~ 不登校は成長のやり直し…その④

不登校が解消された ・・・と言っても、その後に迎える環境の変化によって、子ども達は大きな心の危機を迎えます。その危機をどのように乗り越えていくか、また、乗り越えられずに退行するのか・・・前号では次男の例をお伝えしましたが、今回は中学校で不登校となった長男の登校後の行動と心の変化をお伝えしたいと思います。   14歳で不登校=引きこもり 高校受験では合格の見込みのない市内公立高校... 続きを読む

中村社長のコラムー 「保護者」から「親」へ … 子育ての評価とは?PART5 ~ 不登校は成長のやり直し…その③ ー

我が子の不登校に・・・ 付き合ってきた過程においての様々な気づきと学びを申し上げてきましたが、今号では登校するようになった後に迎えた環境の大きな変化に対する行動と心の成長を、次男の例をもとにお伝えしたいと思います。   小学校とは全く違う厳しい環境 次男は 小学校4年の三学期から不登校。そして、友達関係の深まりからか、6年の二学期から毎日登校するようになりましたが、私としては... 続きを読む

中村社長のコラム ー「保護者」から「親」へ … 子育ての評価とは?PART5 ~ 不登校は成長のやり直し…その② ー  

「心の成長のやり直し」… 前号では、次男の登校後の行動からみた不登校について感じた事をお伝えしましたが、それを皆さんにNAP通信のコラムとしてお伝えしようと思ったのも、我が家のもう一人の不登校児である長男の一連の行動があったからです。 今回は長男の不登校を振り返って、再度不登校と心の成長を考えてみたいと思います。   次男と同じく「原因不明!?」 長男の不登校は中学校2... 続きを読む

中村社長のコラム ー「保護者」から「親」へ … 子育ての評価とは?PART5 ~ 不登校は成長のやり直し…その① ー

「何をしていようが俺の子だ!」 こんな考え方で不登校の我子と接していたことを前号ではお伝えしましたが、今回は、その後の現象(行動)、特に登校するようになる段階の次男の行動から心の成長を考えてみたいと思います。 まず、不登校の期間は実質小学4年の3月から6年の7月までの約1年5ヵ月。現実的には不登校と言っても、週休4日~7日の状況で、親としては前号で申し上げた考え方で「行く・行かない」の最終... 続きを読む

中村社長のコラム ー「保護者」から「親」へ … 子育ての評価とは?PART4 不登校のポイントは親にあり?? -

我が子のために良かれと… 前号では、この想いが、逆に不登校の要因となってしまったのではないかとの考えを申し上げましたが、今回は子どもの不登校に対して当時私自身がどう考え、どんなスタンスでいたかをお伝えしたいと思います。   NAPの方針転換を迫られた年 今振り返ると、次男が不登校となった頃(2004年)、NAPが大きな転換期を迎えていました。 それは、社会情勢・事業環境... 続きを読む

中村社長のコラムー「保護者」から「親」へ … 子育ての評価とは? PART3 ~ 不登校は三つ子の魂? ー

我が家の出来事をもとに・・・ 前号では次男の不登校(引きこもり)の現象をお話してきましたが、今回はなぜそのようなことになったのか、私なりに考えたその要因を申し上げたいと思います。 その前に、我が家の「男子(だんご)三兄弟」は次男だけでなく長男も不登校をしていた時期があることをお伝えしておきます。三男はというと…意味もなく休むことはありましたが「サボり」の範疇で不登校と呼ぶような現象ではあり... 続きを読む

中村社長のコラム- 「保護者」から「親」へ … 子育ての評価とは?PART2 ~ 不登校は赤ちゃん返り?-

前号のコラムに対して・・・ 沢山のご意見、ありがとうございました。心より感謝申し上げます。その中で文字数の関係で省略した次男の不登校の現象を詳しく知りたいとのご要望が多く、不登校(引きこもり)と子どもの自立、それと共に「保護者」そして「親」というものについて、今一度考えてみたいと思います。尚、今回のテーマでは紙面文字数による文の省略は致しませんので、3回に分けてお伝えします。悪しからずご了承くだ... 続きを読む

自ら学ぶ体験は遊びの中で生まれる

子どもの自ら学ぶ姿をとらえる 自然の中で過ごすことで学べることがたくさんあると知っていますか? それは、本で教わるよりも授業で教わるよりも大人に教えてもらうよりも、遥かに鮮明に学ぶことができることを。 なぜなら、子どもたちは自然と向き合うだけのゆったりした時間の中で、体験的に多くのことを学んでいるのですからです。 教わることよりも学ぶことを体験しているのです。 元気ッズ(小学生)のイ... 続きを読む