食べる量が少ない時や、食べむらがあります。

食事は生きていくために必要不可欠

病気でない限り、緊張が解けてお腹が空けば食べると思いますが、遊んで食べないことも、気分のむらで食べないことも良くあります。

元気に活発に遊んだらそのうちお腹が空くので、欲しがる時間を待って様子を見ても良いと思います。

 

元気がなければ小児科に相談してください。

元気に遊びまわっていたら、それがその子の食事量かもしれません。

 

無理に食べさせると食事が恐怖になって拒食する子どももいます。

食べないのは心配でしょうが『食べてもらおう』という姿勢ではなく、まずお母さんの肩の力を抜いて、お母さんがおいしく楽しく食事してください。

食事は『しつけ』ではなくて『楽しみ』の時間です。

 

お皿に少量盛り付けて『おかわり‼』なんてことになればうれしいことです。そういう体験の方が良いかなと思います。

 

 

レストランで『食べたい』と注文したのに食べないことがあるようです。

家と違って思った味と違うのかもしれません。

噛む力や飲み込む力が弱く、硬いものはいやかもしれません。

苦みや酸味は大人よりよく感じるので、そのうち食べることができるようになるでしょう。

無理に食べさせなくても、楽しい食事を心がけてください。

一覧に戻る