買い物に行くと必ずお菓子を買ってくれと駄々をこねます。

日常、よくあることですね。

でも、子どもの発達の観点からみると、自己主張ができるようになった成長の現れです。

 

どうしても買わないという状況なら、空のお財布を見せるなど買える状況にないことをわかるように伝えて納得してもらうのはどうでしょう。ただ、いつも我慢させているようでは子どももストレスがたまりますから、たまには条件なしで「特別」に買ってあげても良いと思います。

 

駄々をこねるというのは、一方ではお母さんを信頼している証拠です。買えない状況を話して、そこで闘うことはよいのですが、最後にお母さんが負けてしまっても、それは悪いことではなく、むしろ良いことだと思います。

 

いつまでたっても、お母さんに何でも言える関係が続くのが良いと思います。

一覧に戻る