トイレでうんちをするのは、いつ頃からできるのか

トイレを使えるのは、2歳前から4歳くらいまでで、個人差が相当あると心得て下さい。

早い方が良いのは、親の都合であって、子どもにとったら早かろうが遅かろうが関係ありません。そのうち、トイレでうんちができるようになります。

 

おむつを替える時に、『今日はたくさん食べたから、元気なうんちが出たね』など、良いうんちがでたら見せて褒めてあげるのも良いです。

そのうち、見てもらいたくて『うんちした』と教えてくれるかもしれません。

 

うんちは、子どもが最初に出会う『自分がコントロールできる他者』です。ですからこの時期に、子どもはうんちを楽しんでいます。

その楽しさを、できないから叱るなどで奪わないように接して欲しいと思います。

一覧に戻る