旅立ちのとき…下級生に贈る言葉 キッズダンス教室責任者 石光裕見子

キッズダンス教室を1年間引っ張ってくれた3月卒業生二人をピックアップします!二人あってこその今のチーム。

下級生に引き継ぐため、NAPでのダンス教室をふり返って、下級生たちに託す思いなどをつづってもらいました。

 

あみちゃんは、1年生から卒業までの6年間キッズダンス教室を続けてきました。

 

1年生で教室に入った当初から、上級生に劣らないほどダンス動作も上手で、センスのある子だと感じていました。負けず嫌いの性格からか、できないと悔し涙を流したり、恥ずかしさからか、上手に踊れるのに控えめで、弾けきれずにもったいないと感じる場面も多く見られたものです。学年が上になるにつれて、だんだんと体力もつき、ダンスに対する意識にも変化が見られ、下級生からの信頼も厚く、何でも任せられるリーダーに・・・。

 

今では振り付けの覚えは抜群で、先生のアシスタントもできるくらい。頼もしいかぎりです。また、家での課題(柔軟性獲得のための運動)を与えても確実に実行して、随分体が柔らかくなりました。

 

❤6年間で一番印象に残っていることは?

平川まつりで1~5年の時は先輩たちの背中を見て踊っていたけど、6年になると下級生たちのお手本となって踊れた。ディズニーライブは2年連続出場できて、昨年はおしかったけど、最後まであきらめずにみんなとダンスができた。

 

❤ダンス教室を続けて、良かったと思うことは?

ダンスに興味を持ち、みんなで一つの曲を完成させた時に、周りの人に「良かったよ」などといってもらえたこと。

身体が柔らかくなったこと。

 

❤下級生たちに残す言葉

まだ5ヶ月しか一緒にやってない子もいるけど、みんなとダンスをすることがとても楽しかったです。これからも楽しんで、チームみんなで力を合わせて、ダンスをがんばって下さい。応援してるよ!

 

 

❤先生に対して・・・

長い間、本当にありがとうございました。石光先生は1年の頃からダンスを教えてくれて、私がここまで続けられたのは先生のおかげです。安田先生は、途中に教えて頂きとても嬉しかったです。先生方本当にお世話になりました。

kidsdance3

♠亜実ちゃんのお母様から♠

キッズダンス教室を通して様々な経験をさせていただきました。

昨年の平川まつりでは、今までの事を思い出し「これで見納めなんだな」と胸が熱くなりました。

ダンスの上達とともに、「自信」と「意欲」が身に付き、最後まで打ち込むことが出来ました。

教室からは離れてしまいますが、今後自分の特技として生かせる場面では、大いに発揮してほしいと思います。先生方、本当にありがとうございました。

 

ゆうちゃんは、4年生からの参加です。それまでは、別の場所でサブスタッフの安田先生と一緒に一年間ダンスをしてから、NAPへ移行でした。

それまでにダンス経験があったこと、昨年卒業した二人と同じ学校、和太鼓教室の仲間同士ということ、持ち前の明るさからすんなりNAPのダンス教室にも馴染めた感じでした。

一昨年の平川まつりで披露した、三人の和太鼓の演奏を取り入れたダンスは、観客の方々から好評で素敵なステージに仕上がりました。さらに、最上級生になった昨年からのダンス は明らかに違って表現力も豊かになり、大好きなEガールのダンスは、私が教えてもらうほど完璧に覚えていて感心しました。(DVDでは解釈の難しい動きもあるので…。)また、下級生の面倒見もよく、イベントやオーディションの時も励まし、引っ張ってくれる存在です。ゆうちゃんの一声でイベント参加を決めた子もいました。誰がその想いを繋いでくれるのか、楽しみです。
❤印象に残っていることは?

平川まつりやディズニーライブで、大勢の前で踊れたこと。
❤続けて良かったことは?

何年もやって上達できたこと
❤下級生たちに残す言葉
みんながんばり屋さんなので、振り付けを覚えるのは大変だけど、ダンス完成のために大事なのは「チームワーク」なので気持ちを合わせて頑張って。
❤先生に対して・・・

今までありがとうございました。安田先生に教えてもらって興味を持ちました。1対1だったけど楽しいこともありました。石光先生とは4年の時に初めて会って厳しそうだなと思ったけど、レッスンでは優しい先生でした。いろいろなダンスを教えてもらったり、経験させてもらって感謝しています。

kidsdance3

 

♠優羽ちゃんのお母様から♠

安田先生とご縁があり、娘のマンツーマンレッスンが始まりました。一度だけ3人でレッスンしたこと、良い思い出です。先生とのレッスンが楽しくてグループでのレッスン、まして人前で発表なんて絶対にしたくないと言っていた娘ですが、ナップに入って、みんなで1曲を作りあげる楽しさを知り、ますますダンスにのめり込んでいったようです。平川まつりで年々上達していく姿に感動と感謝の気持ちでいっぱいになりました。

これからも大好きなダンスを続けていくようですが、娘の中でひとつの世界として大切にしていって欲しいと思っています。石光先生、安田先生、バスの運転手さん、スタッフの方、お世話になりました。そして、ずっと仲良くしてくれたお友達のみんなもありがとう。

 

一覧に戻る