子育てコラム 子どもと温水プールと遊び  

DSC00340自分を好きになってほしい

今、NAPに通っている子どもの中にも周囲の子ども達にも、私達コーチから見ると十分だと思うのですが、自分に自信を持てない子ども達がおり、気になるところです。十分恵まれているじゃないかと周りが思っても、当の本人が自分を好きでない限りその子は幸せだと思えないのではないでしょうか。

 

 

 

自信IMG_2409を持てるのは周りの受け入れがあったから

子どもは、周囲の大人から受け容れられ認められることで自信を持ち、自分を好きになり、相手のことも好きになります。子どもに自信を持って欲しい。あなたは本当に良いものを持っている。それは、自分を出せる居場所があり信頼できるに値する受け入れがそこにあるかどうかが重要なはずです。

 

 

 

IMG_2412水の環境が子ども達を開放する

NAPでも、子どもが発達段階に応じて主体的に活動できる環境を整えました。子どもに教える教室ではなく、子どもが学んでいく教室です。子どもが受け身になるのではなく大人が受け入れていく教室です。そして何よりも温水が子どもの楽しさを引き出し子どもの溢れるパワーを受け入れていきます。

 

 

 

そして探DSC00312究心いっぱいに遊び始める

昔の多くの子ども達が、川や海で遊んでいるうちに自然に泳げるようになったように、幼児期の子ども達はプールの遊び場で、自然に水に慣れ親しみ泳げるようになるのです。子ども達が夢中になる遊びや探究心のある遊びは、子どもを成長させいつの間にか多くのことを学んでいるのです。

 

 

 

 

DSC00326体験を体いっぱい詰め込んで

幼少期や学童期の自然の遊びは、紙とペンだけでは学びえないものを知ることができるのです。それは、近い将来に学問と出会った時に理解できるということに繫がるように思うのです。

一覧に戻る